大阪製紙について

大阪製紙株式会社ではISO14001を取得し、常に環境に配慮した取り組みを行っています。

FSC®認証(COC認証)を取得しました

2017年07月12日

当社はこのたび、白板紙のFSC森林認証を取得しましたので
お知らせします。FSC森林認証は、適切に管理された森林や、
その森林から切り出された木材の適切な加工・流通を証明する
国際的な認証制度です。

当社はレンゴーグループ製紙部門の一翼を担う、西日本地区に
おける白板紙の製造拠点としてコート白ボールを生産しています。
この度の取得によりレンゴーグループでは段ボール原紙に続き

白板紙製品も全てFSC森林認証製品として供給可能となりました。

環境への意識が世界的にますます高まる中、2020年の東京オリンピック・

パラリンピックでは、関連する全ての製品にFSCをはじめとした森林

認証の取得が求められることも予想されるなど、環境に配慮した製品に

対するニーズは今後ますます大きくなるものと見込まれます。

当社は、FSC森林認証製品の普及を通じて、地球環境負荷低減と持続可能な社会づくりに積極的に貢献してまいります。

※FSCとは Forest Stewardship Council®(森林管理協議会)
世界的な森林の減少やグリーン購入意識の高まりを背景として、1993年に設立されたドイツ
に本拠を置く森林認証制度を行なう国際組織の一つ。

≪認証詳細≫
認証取得会社 : 大阪製紙株式会社
認証対象製品  : 白板紙
FSC認証種別   : FSC COC認証
認証番号   : SA-COC-005736
認証取得日  : 2017年5月12日
認証機関   : SOIL ASSOCIATION CERTIFICATION
LIMITED(英国)
(審査機関:アミタ株式会社)

>>この記事のダウンロード

洋紙事業撤退に関するお知らせ

2015年11月30日

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
弊社洋紙事業は創業以来永きにわたり皆様の格別のご高配を賜り今日まで営業を続けて参りましたが、2016年3月末をもって洋紙事業から撤退することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

                                        記

事業撤退の理由
 弊社は1947年に洋紙事業をスタートし、新聞用紙の販売を中心に我が国の高度経済成長や情報産業の高度化に貢献してまいりました。
 しかし、昨今の新聞発行部数減少等の事業環境の変化により今後、洋紙事業を継続、成長させることは困難であると判断し、弊社のもう一つの主要事業である白板紙事業に経営資源を集中させるために、洋紙事業からの撤退を決定いたしました。

今後の対応
 洋紙抄紙機は2015年12月末にて停機し、営業活動は2016年3月末にて終了いたします。

皆様には、大変長い間、ご愛顧頂き、誠にありがとうございました。厚くお礼申し上げます。
今後におきましても、弊社への今までと同様のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

                                                                          以上
>>この記事のダウンロード

ページの先頭へ